西川歯科医院の紹介

院内の紹

 待合室

 診療室(3台の診療ユニットがあります)

 

院内設備

 技工台(入れ歯・被せ物・詰め物の削りカスが飛び散らない様に、ボックスの中で削ります。その削りカスを周防次期で吸い取っています。)

電動麻酔機(注射時に痛みが無いよう、自動的に注射圧を制御してくれます)

 自動練和機(歯型を採るピンク色の粉と水・模型を作る石膏の粉と水を自動的に混ぜてくれます)

 粉と水の混ぜる割合の表(正確・精密な模型を作るには、粉と水の割合を正確にすると、出来ます。)

粉と水の混ぜる時間の表(混ぜる時間を正確に測る事で、正確な模型が出来ます)

 冷蔵庫に練るための水を入れて、常に一定の温度になるようにしています。

 電子天秤と、練るための水(0.1ml単位で水を正確に計量します)

 時間を短縮するために、粉は予め計量しています。正確に計量してタッパーに保存しています。

口の中に入れた歯型が固まるのに3分掛かります。タイマーで正確に測っています。タイマーが鳴ったら、患者さんの口の中から歯型を撤去します。

石こうは、水と石こうの粉を混ぜて固めます。固める時は、「湿箱」という専用の箱の中で固めます。湿箱の中で固めると、石膏模型の狂いが少なくなります。

クッション(治療が終わった後に、待合室であなたを癒してくれます)

院長の紹介

院長のイラスト

院長写真

院長の経歴・趣味・性格等

院長 西川仁(にしかわ ひとし)


1971年 兵庫県生まれ
1998年 鹿児島大学歯学部卒業
2016年 西川歯科医院を開業
趣味 お祭り・花火・国内旅行・ジョジョの奇妙な冒険・宮崎アニメ・山城をこよなく愛します。
使ってみたいスタンド ムーディー・ブルース  エコーズ・Act3
好きな宮崎アニメ 未来少年コナン・もののけ姫
愛読誌 月刊 旅の手帖
好きな山城 滝山城(東京都八王子市)
性格 話好きです。話し出すと止まらなくなります。

開業の経緯

当院は「入れ歯を得意とする"歯医者"」です。

 この写真は、母方の祖父の写真です。

 


私の母方の祖父が、上下総入れ歯でした。 私の父が"歯医者"で、母方の祖父の入れ歯を作り、調子が良かったのです。

母方の祖父はどんなものでも、バリバリと食べていました。

もともと母方の祖父は歯周病で困っていて、歯がグラグラだったのです。

父が全て抜歯して、総入れ歯にしました。

洗面所で総入れ歯を外し、ブラシで磨いている母方の祖父の姿を今でも鮮明に思い出せます。

母方の祖父が「仁君(私の事)に入れ歯を診てもらうのが、私の夢だよ」と常々言っていました。

そんな母方の祖父を助けたいと思ったのが、"歯医者"になった動機です。

そのため、"歯医者"になってから入れ歯を中心に勉強を続けました。

勤務医をしていると、時間に追われて患者さんを診なくてはいけないので、十分に時間が取れないジレンマを抱えていました。

入れ歯は微調整に時間が掛かります。

しかし、保険治療の入れ歯では保険点数が低すぎて採算が取れません。

患者さんが保険の入れ歯に不具合を訴えていても、それに対応すると赤字経営になってしまいます。 なんとか出来ないかと考え、自分で開業すればいいと思い、開業しました。

開業しても赤字部門は赤字のまま。


冷静に考えると、勤務医だろうが開業医だろうが赤字部門は赤字のままです。

これでは経営を圧迫してしまい、患者さんに医療を提供できなくなってしまいます。

厚生労働省には、外国並みの歯科治療を賄えるほどの予算がありません。

少しでも保険治療の予算を削ろうと、厚労省は努力しています。

そのうちに医科・歯科・薬科を問わず、 全ての医療が自費になる 可能性が大きいと、私は考えています。

スタッフの紹介

歯科助手・受付  Tさん

歯科医師

当院で歯科助手・受付をしています。
趣味は映画観賞で、寝ることと食べることが大好きです! 人見知りな面もありますが、これからもっと沢山の患者さんと関わっていきたいと思っています。 よろしくお願いします。