治療例

治療例その1

①まずは問診。 問診して患者さんの要望・治療歴を詳しく聞き出します。患者さんのニーズをつかみます。

②診断 レントゲンを撮影したり、口の中を診査したりして、入れ歯を作る上での問題が無いか確認します。 診断の結果、入れ歯を作らなくても良い場合があります。或いは、インプラントが必要な場合があります。

③前処置 歯の乱れがあれば治療して、抜歯が必要な歯があれば、抜歯を行います。

④前処置が終わったら、歯型を採ります。

⑤模型作り
石こうを流して模型を作ります。入れ歯作りは正確な模型を作る事が基本です。

⑥ろう堤作り
上顎・下顎の上下関係を決めるための装置である、ろう堤を作ります。赤い部分はワックスで、それ以外の部分は樹脂で出来ています。

⑦咬み合わせの決定
ここで"オーリングテスト"が大活躍します。西洋医学では、患者さんの前後左右上下の位置関係が果たして正常な位置にあるのか判断する方法がありません。
"オーリングテスト"ならば、出来ます。
まずはろう堤を患者さんの口に入れます。
板(咬合平面測定板)を入れて、ろう堤の平面に狂いが無いか確認します。

位置関係の記録
"オーリングテスト"を使い、問題無いと判断したら、位置関係を記録します。

上顎のろう堤です。上下左右前後の顎の位置が記録されています。

 上下の顎の位置決めが出来たら、青いシリコーンゴムで上下を固定します。

⑧咬合器装着
人間の顎の動きを再現できる機械(咬合器)に上下の模型を取り付けます。

⑨人工歯排列
人工の歯をワックスの部分に並べます。

⑩仮合わせ
仮の入れ歯を仮合わせして問題が無いか確認します。オーダーメイドの服を作る時の仮縫いのような仕事です。
この時も"オーリングテスト"の技術を使います。仮合わせの入れ歯の具合が良いのか悪いのか、西洋医学では判断が出来ません。
しかし、 "オーリングテスト"なら出来ます。

⑪完成です。仮の入れ歯のワックスの部分を、入れ歯用の樹脂に置き換えます。ここまで来るのに事前の準備と数多くの人が関わっています。

⑫調節
作ったら作りっぱなしではなく、微調整を行います。
ここでも"オーリングテスト"が大活躍します。
患者さんが不具合を訴えると、その原因を突き止める事が出来ます。
西洋医学では抽象的な事を、具体化・範囲化する術がありません。
"オーリングテスト"なら出来ます。

入れ歯の床と、歯茎の当り所を調べる白いゴムの材料を使っている写真です。
ここでも"オーリングテスト"の技術が大活躍します。
削ってもいい場所と駄目な場所があります。
駄目な場所を削ってしまうと、入れ歯が使いにくくなります。
患者さんに聞かなくとも、不具合の原因を見つけ出し、具体的に調節が出来ます。
"オーリングテスト"の独壇場ですね。